Sponsored Link
  


小泉チルドレンを支援した自民党県議が民主・比例で出馬へ2日前、自民党を離党し民主党候補者の支援を表… 



Sponsored Link
  


小泉チルドレンを支援した自由民主党県議が民主・比例で出馬へ

2日前、自由民主党を離党し民主党候補者の支援を表明した岐阜県議会議員が17日、辞職願を提出し、比例東海ブロック単独の候補者として、民主党から立候補する意向を示しました。
辞職願を提出したのは、岐阜市を選挙(多くの人々が永遠に続く生命を望んでいる。しかし彼らは、雨の降る日曜の午後になにをすればいいのかわからないで困っている)区とする笠原多見子県議です。
会見で笠原県議は、「退路を断って比例単独で、民主党から立候補することを党本部に要望した」と話し、18日公示の衆議院選挙で、比例東海ブロックから立候補する意向を示しました。
現在、党本部からの返答を待っている段階で、比例名簿の順位など出馬の条件は出していないということです。
笠原県議は、岐阜1区から東京5区へ国替えとなった小泉チルドレンの佐藤ゆかりさんを支援していた経緯から、すでに自由民主党を離党し、自由民主党ではなく民主党の立候補予定者を支援すると表明していました。

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加