Sponsored Link
  


「売られたケンカは買うぞ」小沢氏…菅氏サイドの様子に、小沢氏サイドも激怒民主、風雲急菅氏周辺は主戦… 



Sponsored Link
  


「売られたケンカは買うぞ」小沢氏…菅氏サイドの様子に、小沢氏サイドも激怒

民主、風雲急菅氏周辺は主戦論小沢氏「けんか買う」・民主党の新代表選びは四日、菅直人元代表サイドが出馬をめぐって慌ただしい動きを見せた。
菅氏を支持するグループは同日夜には、都内のホテルで代表選出馬に必要な推薦人集めと票読みに着手。
勝算を見極めた上で最終的に判断する。
出馬に意欲を示している小沢一郎前副代表は同氏に近い議員に、「売られたけんかは買うぞ」と電話で語った。
事態が大きく動いたのは、四日昼前。
前夜に菅氏側から「話し合いに応じてもよい」と伝えられた小沢氏側は、同氏への一本化を模索した。
だが、菅氏支持グループは午前の会合後、突然、主戦論を唱え始めた。
会合では、「菅さんにぜひ立ってもらって、分かりやすい選挙(危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ)をしてほしい」「談合で決めるようなことは絶対、避けてほしい」などの意見が相次いだ。
主戦論を唱える菅氏サイドの議員の様子をテレビジョンで見た小沢氏サイドはこれに激怒し、「(菅氏支持グループが)けんかを売ってきた」と、対決色を強めている。
菅氏を支持するグループ内は「主戦派」と「慎重派」にわかれ、主戦派が主導権を握りつつあるため、慎重派の幹部は落胆の色を隠さない。
菅氏は「それ(会合での意見)も一つの理屈ではあるよな」ともらし、取り囲んだ記者団に「(党の)先頭に立つべきだという声もいただいて、そのことも、しっかり受け止めて判断していきたい」と、出馬に傾く自らの心情を吐露した。
菅氏支持のグループ幹部は午後、「(小沢氏より)弱いことはわかっているが、出なければならないという状況になりつつある。
(菅氏も)そうだ」と明言した。
七日の新代表選びに向けた民主党内のコンセンサスは、「公明正大な後継選び」と「選挙後の挙党一致の確立」だ。
一方、話し合いによる小沢氏への一本化に期待を寄せていた鳩山由紀夫幹事長は夕方、鳩山家の実家である東京・音羽の「鳩山会館」で、毎年恒例の「桜を観る会」を開いた。
所属議員約百二十人が出席し、注目の小沢、菅両氏もグラス片手に満面の笑みをうかべながらがっちり握手。
周囲からどよめきが起きた。
(一部略)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060405-00000002-san-pol&kz=pol

三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です