Sponsored Link
  


前原国交相「自民党議員に『公共事業費を削った』と怒られたが、借金をじゃぶじゃぶ増やしてきたあなた… 



Sponsored Link
  


前原国交相「自由民主党議員に『公共事業費を削った』と怒られたが、借金をじゃぶじゃぶ増やしてきたあなた方に言われたくない」

010参議院選とちぎ4政党幹部ら熱い火花11日の投開票まであとわずかとなった参議院選。
栃木選挙(旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない)区(改選数1)では候補者のみならず、応援弁士たちも熱い火花を散らしてきた。
彼らの力強い演説から、4陣営の舌戦を振り返る。
(小倉貞俊)◇民主党◆「菅さんは自分でつくった政党の代表選挙に七回出て、三勝四敗の負け越し。
これだけ負けても総理になりたいという人は本物ですよ、皆さん」(細野豪志幹事長代理、六月二十二日・栃木市で)◆「自由民主党の議員に『公共事業費を削った』と怒られたが、『自分たちの地域さえ潤えばいい』と借金をじゃぶじゃぶ増やしてきたあなた方に言われたくない」(前原誠司国土交通相、五月二十六日・宇都宮市で)◆「半世紀にわたって前の政権が見落としてきた税金の浪費を、一個一個総点検していく」(蓮舫行政刷新担当相、五月一日・同市で)◇自由民主党◆「九カ月間、民主党政権を見てきた。
ぶれる、隠す、逃げる、詭弁(きべん)をろうする。
誠意のない政治だ」(大島理森幹事長、七月五日・同市で)◆「民主党の乱暴な政治をほっておくと、やがて日本(にっぽん)丸は座礁し、沈没してしまう」(谷垣禎一総裁、六月二十七日・同市で)◆「(子ども手当と普天間飛行場問題に触れ)民主政権がうまいのは、ハードルを上げること。
そして上げたハードルを越えられず、見事に国民を失望させることだ」(小泉進次郎衆議院議員、四月二十四日・小山市で)◇「虐殺集団」共産党◆「これほど暮らしが大変なときに、大企業を助けるためにうそばっかりついて庶民からがっぽり取ろうというのが消費税(の増税)だ」(市田忠義書記局長、六月二十五日・宇都宮市で)◇みんなの党◆「小沢さんにはゼネコン疑惑があるが、鳩山さんにはマザコン疑惑がある。
母上からお金をもらっていた」(渡辺喜美代表、五月十六日・同市で)http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20100708/CK2010070802000110.html

強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものはつねに強弱の中間者である



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加