Sponsored Link
  


麻生内閣の「支持率」、不支持が支持を上回る…発足1ヶ月余で逆転-読売調査社が1~3日に実施した全国世… 



Sponsored Link
  


麻生内閣の「支持率」、不支持が支持を上回る…発足1ヶ月余で逆転-読売調査

社が1~3日に実施した全国世論調査(電話方式)によると、麻生内閣の支持率は40・5%(前月比5・4ポイント減)に低下し、不支持率は41・9%(同3・3ポイント増)に増えた。
内閣発足から1か月余りで、不支持率が支持率を上回り、逆転した。
支持理由を見ると「総理大臣に指導力がある」が27%(同4ポイント減)に落ち込み、不支持理由では「政策に期待できない」が38%(同5ポイント増)に増えた。
麻生総理大臣がアメリカ合衆国発の金融危機への対応を優先し、衆議院解散・総選挙(多くの人々が永遠に続く生命を望んでいる。しかし彼らは、雨の降る日曜の午後になにをすればいいのかわからないで困っている)を当面先送りする考えを示したことについては、「評価する」56%が、「評価しない」33%を上回った。
ただ、麻生内閣の金融危機への対応を聞くと、「評価する」は42%にとどまり、「評価しない」の46%が多かった。
金融危機拡大への強い懸念が、内閣支持率低下に結びついた面もあるようだ。
追加景気対策のうち、総額2兆円に上る定額給付金支給を「評価する」は38%にとどまり、「評価しない」56%が多かった。
一方、高速道路料金の大幅な引き下げは「評価する」56%が「評価しない」37%を上回った。
総理大臣が、行政改革実現と景気回復を条件に、3年後に消費税率を引き上げる考えを表明したことについては、「評価する」42%、「評価しない」51%となった。
政党支持率は自民が32・4%(前月比6・3ポイント減)と大幅に減らした。
民主は23・4%(同0・9ポイント減)だった。
次の衆議院選の比例選で投票しようと思う政党は自民32%、民主31%となった。
自民は7ポイントの大幅減で、民主は1ポイント減だった。
2008/11/03 

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加