Sponsored Link
  


国政選挙の経費削減法案が可決審議1時間強、自民反発国政選挙での投開票事務などの経費として国が地方… 



Sponsored Link
  


国政選挙(30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでも、する方がまさっている)の経費削減法案が可決審議1時間強、自民反発

国政選挙での投開票事務などの経費として国が地方自治体に交付する額を減らす法案が24日、衆議院倫理選挙特別委員会で与党と公明党の賛成多数で可決された。
政府は成立を見込み、夏の参議院選での地方への交付額として今年度予算に前回比90億円減の436億円を計上している。
原口一博総務相は審議で削減の理由について「バーコードなどの普及で経費削減をとの事業仕分けなどの意見をふまえた」と説明した。
ただ、審議時間は1時間強と短く、審議の前提として政治とカネの問題で民主党の小沢一郎幹事長らの招致を求めていた自由民主党が反発。
牧野聖修委員長(民主)の不信任動議を提出したが、否決された。
※元記事:http://www.asahi.com/politics/update/0524/TKY201005240316.html平成22年05月24日

人生は一冊の書物に似ている。 馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、 賢い人間はそれを念入りに読む。 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加