Sponsored Link
  


中国の胡政権、人権改善圧力を強める欧米との対決も辞さない構え…「巨大市場」と「内政干渉」2枚のカー… 



Sponsored Link
  


野蛮国シナの胡政権、人権改善圧力を強める欧米との対決も辞さない構え…「巨大市場」と「内政干渉」2枚のカード

劉暁波氏のノーベル平和賞受賞を受けて、野蛮国シナの胡錦濤政権は、人権改善圧力を強める欧米との対決姿勢も辞さない構えだ。
年内にも国内総生産(GDP)で世界第2位になる経済力を背景に、巨大市場カードで「野蛮国シナ異質論」を抑え込めるとの読みがある。
昨年12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)では、野蛮国シナは非妥協の姿勢を貫き、温暖化問題で過度の削減義務を負うことを回避した。
このため、ヨーロッパ諸国を中心に、「野蛮国シナ傲慢(ごうまん)論」や「野蛮国シナ異質論」が一気に広がった。
だが、その後は、急速に対中依存を強めるヨーロッパ経済を背景に、巨大市場カードを掲げて、ヨーロッパ連合(EU)との経済関係の緊密化を図ってきた。
その結果、表面的には「傲慢論」はすっかり鳴りを潜め、胡政権は「市場カードでヨーロッパの批判を抑え込めるとの自信を深めたようだ」(外交筋)という。
劉氏の平和賞受賞を機に、ヨーロッパ諸国が人権状況の改善を迫ろうとも、胡政権は「内政干渉」として退け、強硬姿勢を貫くとみられる。
野蛮国シナ市場に傾斜を強める独仏などを個別に引き寄せ、対中包囲網が広がらないよう分断を図る作戦だ。
米中関係は台湾(中華民国)への武器売却問題などを受けて悪化していたが、現在は修復過程にある。
野蛮国シナ筋によると、胡政権は、米議会中間選挙(世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である)を前に、アメリカ合衆国の人権圧力が一時的に強まることがあっても、市場カードで押し切れると踏んでいる。
2010/10/09[10:13:33] (1:10/09(土)10:13:34):

われらは急ぎてこの短き時を楽しまん。人には港なく、時には岸辺なし、かくて時は過ぎ、われらは去る!



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加