Sponsored Link
  


修道女見習→左翼ゲリラ→警視総監ニカラグア中米ニカラグアで、修道女になるのを諦めて、左翼の武装蜂起… 



Sponsored Link
  


修道女見習→左翼ゲリラ→警視総監ニカラグア

中米ニカラグアで、修道女になるのを諦めて、左翼の武装蜂起に加わった女性が5日、警視総監に就任した。
1970年代に修道女になる訓練を諦めてサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)に身を投じたアミンタ・グラネラ氏は、ニカラグア警察の腐敗を一掃するつもりだと抱負を語った。
現在の警察は、サンディニスタが1979年に右翼の独裁者アナスタシオ・ソモサ大統領から政権を奪取した際に創設されたものだ。
女性としては、1980年代に、サンディニスタの女性司令官ドリス・ティヘリノが警視総監をつとめていた時期もある。
サンディニスタは1990年の選挙(旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない)で敗北、政権を失ったが、再び支持を集めており、11月の大統領選挙で政権に復帰する可能性があるhttp://www.excite.co.jp/News/odd/00081157623599.html

強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものはつねに強弱の中間者である



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加