Sponsored Link
  


与党内では麻生首相が衆院解散の時期について7月中旬を検討しているとの見方が強まったと日刊スポーツ… 



Sponsored Link
  


与党内では麻生総理大臣が衆議院解散の時期について7月中旬を検討しているとの見方が強まったと日刊スポーツ

麻生総理大臣、7月中旬解散を示唆麻生太郎総理大臣は27日夜、自由民主党の細田博之幹事長と都内のホテルで約2時間会談し、衆議院解散・総選挙(旧道徳は危険を回避することを命じた、だが新道徳は、危険をおかさないものは、なにものをもえない)の時期や選挙戦に臨む態勢などに関して意見交換した。
関係者によると、総理大臣はコジキ北朝鮮関連船舶の貨物検査特別措置法案や臓器移植法改正案など重要法案の取り扱いについて「まとめられるなら早くまとめてほしい」と指示。
早期解散を念頭に置いていることを示唆した。
ただ具体的な解散時期や党役員人事については「やると言ったことはない。
外野が勝手につくりあげているだけだ。
自分から具体的に漏らしたことはない」と述べるにとどめたという。
細田氏はこれに先立ち奈良県大和郡山市内で記者団に「解散が7月であることは間違いない」と指摘。
総理大臣が検討している自由民主党役員人事に関しては「総理大臣(の決定)に従う。
全体的な戦略で選挙を勝ち抜くために一番いいことを考えればいい」と強調。
総理大臣退陣を求める党内の動きを「党としてまとまりが必要だ」とけん制した。
与党内では、麻生総理大臣が衆議院解散の時期について、7月12日の東京都議選直後を中心に7月中旬を検討しているとの見方が強まった。
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20090628-511610.html

強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものはつねに強弱の中間者である



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加