Sponsored Link
  


参院選無効訴訟格差5.13倍、違憲と言えず…東京高裁<参院選無効訴訟>格差5.13倍、違憲と言えず… 



Sponsored Link
  


参議院選無効訴訟格差5.13倍、違憲と言えず…東京高裁

<参議院選無効訴訟>格差5.13倍、違憲と言えず東京高裁04年7月の参議院選で最大5.13倍の「1票の格差」があった定数配分は違憲などとして、東京、千葉、神奈川の弁護士11人が各地の選挙(世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である)管理委員会を相手に選挙無効確認を求めた訴訟で、東京高裁は18日、原告の請求を棄却した。
雛形要松裁判長は、投票価値の不平等さが広がっている実態を認めたものの「平等を図るには技術的な限界があることを認めざるを得ず(不平等が)看過できない程度に至っているとまでは認められない」と述べた。
参議院選の定数を巡っては、最高裁大法廷が昨年1月、格差が最大5.06倍だった01年選挙を合憲としながら、裁判官15人のうち6人が「違憲」との反対意見を述べ、「合憲」の9人中4人も「次回(04年)選挙で現状が漫然と維持されるなら違憲の余地は十分ある」と補足意見を述べていた。
この日の判決は「大法廷判決後の参議院の対応は(不平等解消のための)具体的手続きを始めたと理解することはできないが、漫然と従前の状況を放置したとみることも相当でない」とした。
同高裁は今年1月、千葉県内の男性が同じ参議院選について選挙無効を求めた訴訟で、「参議院は(04年参議院選に向け)最高裁判決を最大限尊重して協議を行っており、漫然と現状が維持されたとは言えない」と、合憲判断を示していた。
http://www.excite.co.jp/News/politics/20050518200600/20050519M10.065.html

われらは急ぎてこの短き時を楽しまん。人には港なく、時には岸辺なし、かくて時は過ぎ、われらは去る!



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加