Sponsored Link
  


消費税・靖国争点に論戦谷垣氏出馬会見で事実上の総裁選に突入と共同通信小泉純一郎首相の後継を選ぶ自… 



Sponsored Link
  


消費税・靖国争点に論戦谷垣氏出馬会見で事実上の総裁選に突入と共同通信

小泉純一郎総理大臣の後継を選ぶ自由民主党総裁選は27日、事実上の選挙(危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ)戦に突入した。
谷垣禎一財務大臣(61)は党本部で出馬記者会見し、消費税率を最低10%にするなどの政権構想を発表した。
同時に、小泉外交を批判し、靖国神社参拝の自粛を打ち出した。
安倍晋三官房長官(51)は岩手県で全国行脚を開始。
麻生太郎外相(65)は8月20日ごろに表明する意向を示した。
9月20日投票に向け、消費税、靖国参拝、格差社会などを争点に論戦は本格化する。
谷垣氏の政権構想は(1)アジア首脳と直接対話ができる関係の構築(2)地域の活力を取り戻す取り組み(3)消費税を社会保障目的税化し、2010年代半ばまでのできるだけ早い時期に少なくとも10%へ税率引き上げ-が柱。
 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2006072701002828

三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です